首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

安倍内閣の発足


平成18年9月26日


衆議院本会議で内閣総理大臣の指名を受ける写真 初閣議に臨む安倍新総理の写真 安倍新内閣の記念撮影の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。


 平成18年9月26日午後、衆・参両議院本会議で、安倍晋三議員が、伊藤博文初代内閣総理大臣から数えて第90代目(57人目)の内閣総理大臣として指名を受けました。
 指名後、総理大臣官邸で新内閣の組閣に着手し、その後塩崎内閣官房長官から閣僚名簿の発表が行われました。
 夜には、宮中における総理の親任式及び国務大臣の認証式が行われた後、総理大臣官邸に戻り、記者会見、初閣議、記念撮影が行われました。
 安倍総理は記者会見で、新しい内閣の位置づけについて「毎日額に汗して働き、家族を愛し、地域をよくしたいと願っている。そして日本の未来を信じたいと考えている普通の人たち、すべての国民の皆様のために政治をしっかりと行ってまいります。そのために、本日、『美しい国創り内閣』を組織しました。」と表明し、「日本が世界の国々から信頼され、そして尊敬され、子どもたちが日本に生まれたことを誇りに思える美しい国、日本を創ってまいりたいと思います。」と抱負を述べました。