首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

拉致被害者御家族との面談


平成18年9月29日


拉致被害者の会代表との面会する安倍総理の写真

 平成18年9月29日、安倍総理は、塩崎長官や中山総理大臣補佐官らとともに、横田滋さんをはじめとする拉致被害者御家族と総理大臣就任後初めて面談しました。
 安倍内閣発足後、直ちに拉致問題に関する対応を協議し、この問題への戦略的な取組、並びに安否不明の拉致被害者に関する真相究明、生存者の即時帰国、拉致容疑者の引き渡しに向けた施策等総合的な対策を推進するため、本日の閣議で安倍総理を本部長、塩崎長官を副本部長として全閣僚で構成する拉致問題対策本部を設置することを決定しました。
 今日の面談では、安倍内閣における拉致問題への対応を説明するとともに、長く続いているこの問題を早期に解決するために万全の体制で取り組む決意を述べました。
 これに対して、御家族側からも問題の早期解決の要請がありました。