首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

日中首脳会談


平成19年4月11日


温家宝総理を出迎える安倍総理の写真 南庭での歓迎行事の写真
日中首脳会談の写真 共同文書署名式の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。

 平成19年4月11日、安倍総理は総理大臣官邸に、公賓として中華人民共和国の温家宝国務院総理を迎えました。南庭で歓迎行事を開催した後、日中首脳会談を行いました。
 会談の冒頭安倍総理は、温総理との首脳会談が3回目であることから「今日はくつろいだ雰囲気の中で会談を進めたい」と述べ、「昨年の訪中で戦略的互恵関係(共通の戦略的利益に立脚した互恵関係)を構築していくということで合意しているが、今回の温総理の訪日でそれが更に大きく一歩前進したと思います。」と述べました。これに対し温総理も「その点は今回の訪日の最も重要な成果であると思います。」と応じました。
 会談では、戦略的互恵関係の構築に向けてさまざまな具体的協力を行うことを決定したほか、日中ハイレベル経済対話や文化・スポーツ面での交流、安全保障やエネルギー・環境協力、朝鮮半島の非核化や北朝鮮による拉致問題、東シナ海問題などについて話し合いました。
 また安倍総理は、互恵関係の構築に向けて「まずは両国の信頼関係の構築が重要であり、首脳の往来を積み重ねることが関係を一層発展させる上で非常に重要だと考えています。」と述べ、年内の訪中を実現したい旨表明しました。温総理からは「大変嬉しいことです。是非時間をとって、北京以外の場所も訪れてください。」と述べました。
 会談後、引き続き共同文書署名式に立ち会った後、日・中の関係者を招いて総理主催の晩餐会を開催しました。