首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

総理主催「桜を見る会」の開催


平成19年4月14日


桜を見る会で挨拶する安倍総理の写真 招待者と歓談する安倍総理の写真

 平成19年4月14日、安倍総理は東京都内の新宿御苑で桜を見る会を開催し、すっきりと晴れ渡った空のもとで、各界の代表者や、文化・芸能、スポーツ界など約1万1千人の招待者でにぎわいました。
 冒頭の挨拶で、「今日、こうしてお天気になったのも、桜が満開なのも皆さんの思いが天に通じたんだろう、本当にそう思う次第でございます。私も、子どもの頃、おやじやおふくろに、『人に感謝しなさい。』と言われました。今日はまさに感謝の気持ちでいっぱいでございます。」と気持ちを述べ、「私が今住んでいる公邸や官邸の庭にもオオシマザクラやソメイヨシノ、そしてサトザクラ、たくさん桜がありますので、土曜や日曜庭をたまに散歩します。この前、家内と二人で散歩しておりましたら、大きなアオダイショウがいました。ちょっとびっくりしましたが、これは守り神でありますから大切にしなければいけないなと、こんな思いもした次第です。どうか今日はゆっくり、この御苑の桜を楽しんでいただきたいと思います。『さまざまのこと思い出す桜かな』、芭蕉の詩でありますが、今日は桜のいい思い出を作っていただきたいと思います。」と述べました。
 その後、招待者とともに1時間ほど苑内を回りながら、握手や記念撮影などに応じました。