首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式に参列


平成19年8月6日


広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式に参列の写真

 平成19年8月6日、安倍総理は広島市中区の平和記念公園で開催された原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に参列しました。
 62回目の「原爆の日」に行われたこの式典には、被爆者や遺族ら約4万人が参列し、秋葉忠利広島市長と遺族代表が、今年1年間に死亡が確認された原爆死没者名簿を慰霊碑に納め、遺族、子ども、被爆者の代表や安倍総理などが献花した後、原爆が投下された午前8時15分、遺族代表と子ども代表による「平和の鐘」に合わせて1分間の黙とうが行われました。
 秋葉市長による「平和宣言」、市内の小学校に通う森展哉さん・山崎菜緒さんによる「平和への誓い」の後、安倍総理は挨拶で「私は、犠牲者の御霊と広島市民の皆様の前で、広島、長崎の悲劇を再び繰り返してはならないとの決意をより一層強固なものとしました。今後とも、憲法の規定を遵守し、国際平和を誠実に希求し、非核三原則を堅持していくことを改めてお誓い申し上げます。また、国連総会への核軍縮決議案の提出などを通じて、国際社会の先頭に立ち、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向け、全力で取り組んでまいります。」と述べました。