首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

安倍改造内閣の発足


平成19年8月27日


初閣議の写真 記念撮影の写真

 平成19年8月27日、安倍総理は、政権発足後初の内閣改造を行いました。
 午後の臨時閣議で現閣僚の辞表を取りまとめた後、公明党の太田代表と与党党首会談を行い、午後4時過ぎに与謝野新内閣官房長官が閣僚名簿を発表しました。
 夜、新閣僚に対する宮中での認証式を終えて総理大臣官邸に戻り、記者会見に臨んだ安倍総理は、「国民の声を真摯に受けとめ、美しい国づくり、新しい国づくりを、そして改革を再スタートさせるために、本日内閣の改造を行いました。」と説明し、「失われた信頼を再び政治に、そして行政に取り戻すために新しい内閣のメンバーによって全力を尽くし、成果をあげていきたい」と決意を述べるとともに、国会については「我々は堂々と議論を展開しながら、主張すべき点は主張しながら、野党の声にも耳を傾け、建設的な議論を行っていかなければいけない」と今後の方針を表明しました。
 その後、補職辞令を交付して初閣議を開催し、引き続き記念撮影が行われました。