首相官邸  
安倍総理の動き トップページへ

「故宮澤喜一」内閣・自由民主党合同葬儀


平成19年8月28日


「故宮澤喜一」内閣・自由民主党合同葬儀で追悼の辞を述べる安倍総理の写真 「故宮澤喜一」内閣・自由民主党合同葬儀で献花する安倍総理と昭恵夫人の写真

 平成19年8月28日、「故宮澤喜一」内閣・自由民主党合同葬儀が都内の日本武道館で行われました。
 皇室関係者、衆参両議院議長、最高裁判所長官や政財界の代表、146カ国の外国弔問特使、在京大使など約2600人が参列して、6月28日に87歳で亡くなった宮澤喜一元内閣総理大臣のご冥福を祈りました。
 ご遺骨は、遺族とともに午後2時に到着し、祭壇の下に安置されました。与謝野官房長官の開式の辞に続いて、1分間の黙とうの後、故人を偲び、生前の宮澤元総理の姿が映写されました。
 葬儀委員長を務めた安倍総理は追悼の辞で、「先生は常々、内閣総理大臣とは日本という大きな船の船長であり、港を目指して遥か手前から舵を切り始めるものと述べられ、その知性と類まれなる先見性をもって世界の平和と繁栄に貢献し、21世紀に我が国が進むべき途をお示しになられました。先生が目指された『平和』『自由』『繁栄』の大切さを心に刻み、次の50年、100年の時代の荒波に耐えうる新たな国創りに全力を挙げて取り組むことを誓います。」と述べました。