平成20年10月7日

ノーベル物理学賞受賞者へ祝意の電話

写真1

ノーベル物理学賞受賞者へ祝意の電話をする麻生総理の写真1

 平成20年10月7日、本年のノーベル物理学賞に米国シカゴ大学名誉教授の南部陽一郎氏、高エネルギー加速器研究機構名誉教授の小林誠氏、京都産業大学教授の益川敏英氏の3名の受賞が決定しました。これを受け麻生総理は総理大臣官邸で、小林氏と益川氏にそれぞれ電話で祝意を伝えました。

 この中で麻生総理は両氏に「とても明るいニュースで国民はとても喜んでいると思います。」と祝福しました。また、両氏に若い人たちへ向けたメッセージを質問したところ、小林氏は「自分を信じて大いに頑張っていただくのがよろしいかと思います。」、益川氏は「科学にロマンを持つことが重要だと思います。」とそれぞれ答えました。

写真2

ノーベル物理学賞受賞者へ祝意の電話をする麻生総理の写真2

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • ノーベル物理学賞受賞者へ祝意の電話をする麻生総理の写真1
  • ノーベル物理学賞受賞者へ祝意の電話をする麻生総理の写真2