平成20年12月12日

麻生内閣総理大臣記者会見

写真1

記者会見を行う麻生総理の写真1

 平成20年12月12日、麻生総理は総理大臣官邸で、「生活防衛のための緊急対策」について記者会見を行いました。

 会見では、雇用対策や企業の資金繰り対策への取り組みを説明すると共に、平成20年度第二次補正予算案と平成21年度当初予算案の編成方針について表明しました。

 麻生総理は会見の中で、雇用対策については「平成21年度におきましては、雇用保険料の引き下げと給付の見直し。そして非正規労働者などの雇用維持対策、再就職への新たな支援を行いたいと存じます。」と表明し、社会保障の中期プログラムに対しては「大胆な財政出動をするからには、中期の財政責任のあり方をきちんと示すからこそ、大胆な財政出動が可能となります。大胆な景気対策をやる一方で、社会保障の安心強化のための、消費税負担増の準備をやらなければなりません。私は、逃げずに、正直に、社会保障の安心強化を進めて参ります。国民の皆様の、一層のご理解をお願いします。」と述べました。

関連リンク

写真2

記者会見を行う麻生総理の写真2

写真3

記者会見を行う麻生総理の写真3

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • 記者会見を行う麻生総理の写真1
  • 記者会見を行う麻生総理の写真2
  • 記者会見を行う麻生総理の写真3