平成21年3月9日

日本・東ティモール首脳会談

写真1

グスマン首相と握手する麻生総理の写真

 平成21年3月9日、麻生総理は総理大臣官邸で、公式実務訪問賓客として訪日中の東ティモール民主共和国のカイ・ララ・シャナナ・グスマン首相兼国防・治安大臣と首脳会談を行いました。

 会談では、二国間関係の強化、平和構築支援、国際場裡における両国間の協力関係の確認等について意見交換が行われました。

 麻生総理は「グスマン首相の訪日に心から歓迎申し上げます。今後とも新しい形の協力を含めて、日本と東ティモールの未来志向の良好な関係の一層取組みを行いたい。そしてラモス・ホルタ大統領の早期の訪日の調整をしたいと思っています。」と述べ、二国間関係を更に発展させていくことの重要性について確認しました。

 平和構築支援では、グスマン首相から日本が東ティモールの独立前の1999年より、真実和解委員会を支援するプロジェクト等に資金協力を行ってきたのみならず、自衛隊施設部隊、文民警察、選挙監視団、技術協力等の人的貢献を行ってきたことに対し、東ティモール国民を代表して甚大なる謝意を表明、麻生総理は東ティモールを含むアジア太平洋地域の平和と安定のため、今後とも東ティモールにおける平和構築を積極的に支援する旨を述べました。

 国際場裡における両国間の協力では、国連安保理改革、北朝鮮、気候変動問題、テロ防止等国際社会が直面する諸問題について、協力していくことを確認しました。

関連リンク

写真2

日本・東ティモール首脳会談の写真

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • グスマン首相と握手する麻生総理の写真
  • 日本・東ティモール首脳会談の写真