平成21年4月16日

日・パキスタン首脳会談

写真1

ザルダリ大統領と握手する麻生総理の写真

 平成21年4月16日、麻生総理は総理大臣官邸で、パキスタン・イスラム共和国のアーシフ・アリ・ザルダリ大統領と首脳会談を行いました。

 麻生総理は、会談前の挨拶でザルダリ大統領の訪日を歓迎し、「 アフガニスタンの問題を含め、民主国家パキスタンの安定した発展は、パキスタンのみに限らず南西アジアの安定と平和に直結していると思っております。 」と述べました。

 これを受け、ザルダリ大統領は、「 日本は、テロに対して真摯な関心を持つと共に、断固たる決意を持ってテロに臨み、パキスタンを支援していく心積もりだということが立証されたと考えております。 パキスタンは、日本の支援を高く評価します。 」と述べました。

 会談では、 二国間関係や国際情勢、核の不拡散体制の強化などについて議論され、 その後の共同記者発表で麻生総理は、「 二国間関係については、政治・経済、両面における政府間の対話を強化するためにそれぞれの分野で次官級協議を実施することで意見は一致しております。 また、パキスタンが発展していく上では経済発展やテロ対策が重要であり、そのために日本は積極的に支援していきます。 そして明日(17日)開催されるフレンズ会合や支援国会合において、経済改革とテロ対策に対するパキスタン政府の強い決意を表明することが重要であります。 」と会談の成果を述べました。

関連リンク

写真2

日・パキスタン首脳会談の写真

写真3

共同記者発表の写真1

写真4

共同記者発表の写真2

写真4

ブット元首相の本を受け取る麻生総理の写真

写真4

ブット元首相のアルバムを受け取る麻生総理の写真

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • ザルダリ大統領と握手する麻生総理の写真
  • 日・パキスタン首脳会談の写真
  • 共同記者発表の写真1
  • 共同記者発表の写真2
  • ブット元首相の本を受け取る麻生総理の写真
  • ブット元首相のアルバムを受け取る麻生総理の写真