平成21年5月5日

欧州諸国訪問3日目(ドイツ連邦共和国)

写真1

政策スピーチをする麻生総理の写真

 平成21年5月5日(現地時間)、ドイツ連邦共和国を訪問中の麻生総理はベルリン市内のフンボルト大学で、ドイツの政財界関係者を前に、日本と欧州の対話と協力の強化をうたった政策スピーチを行いました。スピーチの中で麻生総理は、世界が「金融・経済危機」、「気候変動」、「テロとの闘い」、「核軍縮と大量破壊兵器の不拡散」の4つの大きな挑戦に直面していると述べました。

 午後にはドイツ首相府において歓迎式典に出席した後、アンゲラ・メルケル首相と会談を行いました。それぞれアジアと欧州において最大の経済規模を占め国際社会に大きな責任を有する日独両国が、世界金融・経済危機、気候変動問題等、国際社会の重要課題における一層の連携を確認する機会となりました。

 世界経済・金融危機では、両国首脳は日独が互いに力を合わせ、ロンドン・サミットの合意を着実に実施し、難局を乗り切っていくことで一致しました。
 気候変動では、両首脳は、我々の世代が責任を持って解決への道筋をつけるべきとの認識で一致。また、麻生総理から、COP15における公平かつ実効的な次期枠組み合意に向け、(1)排出量の多い主要途上国も義務を負う必要があること、(2)日独を含む先進諸国が一致団結して取り組む必要があることを強調しました。
 新型インフルエンザ対策では、国際社会が一致して対応している新型インフルエンザの発生については、国際協調が重要との認識の下、日独でも協力することで一致しました。
 会談後には共同記者会見を行いました。

 その後、麻生総理はホルスト・ケーラー大統領を表敬訪問しました。ケーラー大統領より麻生総理に対し、訪独への感謝・歓迎の辞と併せ、世界第2の経済大国の首脳として、現下の世界金融・経済危機に対する麻生総理の見方及び日本の対応について伺いたい旨述べられました。麻生総理は、今月下旬の独大統領選挙を控えた大事な時期に表敬の機会を得られ感謝する旨述べるとともに、15兆円規模の「経済危機対策」等、これまでの日本の取り組みを紹介するとともに、財政の持続的可能性を確保する必要性等についても触れました。

 夜、3日間の欧州諸国訪問の日程を終えた麻生総理は、ドイツから帰国の途につきました。

関連リンク

写真2

メルケル首相の出迎えを受ける麻生総理の写真

写真3

歓迎式典で儀じょう隊を閲兵する麻生総理の写真

写真4

共同記者会見に臨む両首脳の写真

写真5

ケーラー大統領を表敬する麻生総理の写真

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • 政策スピーチをする麻生総理の写真
  • メルケル首相の出迎えを受ける麻生総理の写真
  • 歓迎式典で儀じょう隊を閲兵する麻生総理の写真
  • 共同記者会見に臨む両首脳の写真
  • ケーラー大統領を表敬する麻生総理の写真