平成21年6月23日

経済財政諮問会議(「経済財政改革の基本方針2009 〜安心・活力・責任〜」の答申)

写真1

会議で挨拶する麻生総理の写真1

 平成21年6月23日、麻生総理は総理大臣官邸で経済財政諮問会議を開催しました。

 この日の会議では、「経済財政改革の基本方針2009 〜安心・活力・責任〜」いわゆる「骨太の方針2009」が、麻生総理に答申されました。「経済財政改革の基本方針2009」は、「経済の危機」と「社会の危機」を一体的にとらえ、「安心・活力・責任」の3つの目標を同時に達成するための道筋を示すものとし、また、「経済危機克服」、「安心社会実現」のための「最優先課題」を示し、重点対応を行うとともに、内閣主導で、府省横断的なプロジェクト・チームを設置する等により迅速かつ総合的な取組を図るとしています。

 会議の終わりに、麻生総理は「現下の日本が直面しております経済危機、また、社会危機の克服していくためには安心社会の実現、将来のための成長力の強化、そして長期的にみて財政の健全化を同時に取り組んでいく必要があると思います。そこで、『経済財政改革の基本方針2009』は安心、活力、そして責任を実現していくための道筋を示すもので、今後この基本方針に基づきまして経済財政を進めてまいりたいと思っております。このための第一歩として私の指示致しました最優先課題は、本方針に沿った予算編成を行うため、与謝野大臣には平成22年度の予算の概算要求基準(シーリング)を来週中を目処にまとめて頂きたいとお願い致しております。」と述べました。

 その後、臨時閣議において同方針が閣議決定されました。

関連リンク

写真2

会議で挨拶する麻生総理の写真2

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • 会議で挨拶する麻生総理の写真1
  • 会議で挨拶する麻生総理の写真2