平成21年6月28日

日韓首脳会談

写真1

李明博大統領と握手する麻生総理の写真1

 平成21年6月28日、麻生総理は総理大臣官邸で、大韓民国の李明博大統領と首脳会談を行いました。

 会談では、日韓関係や北朝鮮問題等について意見交換を行いました。日韓関係については、両首脳は、「シャトル首脳外交」がしっかりと根付いてきたことを確認し、引き続き、未来志向の「成熟したパートナーシップ関係」を更に強化していくことで一致しました。また、審議官級に格上げされた日韓経済連携協定(EPA)の実務協議が7月1日に開催されることを歓迎し、交渉再開に向けた検討を一層促進していくことで一致しました。そのほか、環境、宇宙、原子力分野でも協力を促進することで一致しました。

 北朝鮮問題については、両首脳は、北朝鮮の核・ミサイル開発は、北東アジア地域の安全保障上の重大な脅威であり、決して容認できないとの認識を共有するとともに、すべての国連加盟国が、安保理決議第1874号をしっかりと実施する必要があるとの認識で一致しました。さらに、安保理決議の厳格な実施のため、日韓間で情報交換・協力を促進していくことで一致しました。  

 その後、共同記者発表を行いました。麻生総理は「会談では、現下の最大の問題である北朝鮮問題について、特に時間を取って、非常に有益な話をさせていただきました。北朝鮮の核・ミサイル開発、これは安全保障上、重大な脅威であって、決して容認できません。引き続き日韓また日米韓で連携して対処していくことを確認したところです。国際社会が安保理決議第1874号というものをしっかり実施することが必要です。大統領とは決議の実施のため、情報交換などの分野で更に協力していくことで一致しております。また、大統領より拉致問題について、可能な限りの協力を改めて表明をいただいてもおります。今後とも、大統領との間で、成熟したパートナーシップ関係をより一層強化していきたいものだと思っております。」と述べました。

 続いて、両首脳は、日韓両国経済人と懇談会を行いました。同懇談会には日本側より、日本経団連御手洗冨士夫会長、日本商工会議所岡村正会頭他、韓国側より、全国経済人連合会趙錫來(チョ・ソンネ)会長、大韓商工会議所孫京植(ソン・ギョンシク)会長他の計34名の経済人が出席しました。

関連リンク

関連写真

写真をクリックすると
拡大写真になります。

  • 李明博大統領と握手する麻生総理の写真1
  • 李明博大統領と握手する麻生総理の写真2
  • 会場へ向かう両首脳の写真
  • 日韓首脳会談の写真1
  • 日韓首脳会談の写真2
  • 共同記者発表を行う麻生総理の写真1
  • 共同記者発表を行う麻生総理の写真2
  • 共同記者発表を行う麻生総理の写真3
  • 日韓両国首脳と日韓経済人との懇談会の写真