本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

新たな市場の創出 ~世界も驚く健康長寿社会へ~

このページは、過去の特集ページを保存しているものであり、掲載情報は、更新されておりませんので、ご注意ください。
現在の情報は、こちらをご覧ください。

 

医薬品が、インターネットで買える!

一般用医薬品(0.04%のごく限られた例外を除く)をインターネットで買えるようになり、生活者の利便性が向上しました。

政府の主な取組
原則としてすべての一般用医薬品について、消費者の安全を守る適切なルールの下でインターネット販売を可能とするため、法律を改正しました。  薬事法及び薬剤師法改正
 

 

再生医療をスピーディに実用化!

治療法のない疾患への応用が期待される、iPS細胞などの再生医療の技術が実用化へ大きく近づきます。

政府の主な取組
細胞の培養・加工についての基準を定め、医療機関から企業への外部委託を可能にしました。 
再生医療等の安全性の確保等に関する法律
 
再生医療製品の迅速な実用化を図るための承認制度等を創設しました。  薬事法改正

 

世界最先端の医療を、もっと受けやすく!

国内で世界最先端の医療が受けやすくなります。

政府の主な取組
保険診療と併せて受けられる保険外診療の範囲を大幅に拡大します。

(保険診療と併せて受けられる保険外診療の種類と拡大措置)

患者申出療養
【新設】
患者の申出に応じて未承認の医薬品等を短期間
(前例がない場合:現状6カ月→原則6週間)で使用できるようにする制度を創設
先進医療
評価を迅速化・効率化(抗がん剤、再生医療、医療機器で実施)
治験
治験の参加基準を満たさない患者が治験薬を利用できるケースを拡大

※ 保険外診療の部分は、原則全額患者負担ですが、併せて受ける保険診療の部分は、保険が適用されます。

外国医師等の臨床修練制度※について、教授・臨床研究目的の追加や有効期間の延長を行いました。
※医療の研修を目的として来日した外国医師等に対し、その目的が十分に達成できるよう、特例的に診療を行うことを認める制度。
地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律

 

ICT等による合理化で、さらに健康な日本へ!

便利で、切れ目ない医療・介護サービスを受けられます。
たとえば、広島県呉市では、電子化されたデータを用いて保健指導等を行い、健康づくりの推進と医療費削減を両立しました。

政府の主な取組
医療保険者に対して健診情報等のデータの分析に基づく保健事業の実施を求めるなど、予防・健康管理分野でのICT利活用を促します。
予防・健康管理分野でのICT利用促進(健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針(告示)の改正等)
 
複数の医療法人や社会福祉法人等を統括して経営できるようにするなど、医療・介護等の事業の経営を高度化・効率化します。

 

新たな市場(農業、医療、エネルギー)の創出

 

目次

本ページの内容は、下記のリーフレット (3.7MB)でもご覧いただけます。

 

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.