首相官邸  
福田総理の動き トップページへ

福田内閣の発足


平成19年9月26日


衆議院本会議で内閣総理大臣の指名を受ける写真 初閣議に臨む福田新内閣閣僚の写真 福田新内閣の記念撮影の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。

 平成19年9月26日、福田内閣が発足しました。
 25日の国会で、福田康夫議員が、伊藤博文初代内閣総理大臣から数えて第91代目(58人目)の内閣総理大臣として指名されました。
 これを受けて、総理大臣官邸で新内閣の組閣に着手し、その後、町村新内閣官房長官から閣僚名簿の発表が行われました。
 福田総理は記者会見を行い、年金記録問題などを含めた政治不信の解消について、「私どもはこのことに大きな責任を感じ、そしてこの解決のために全力を挙げる。」と述べ、そのために、「こういう問題を皆様方にどのように説明していくかということが大事だと思っています。説明責任を十分に果たすということを、これからやってまいりたい。」と抱負を述べました。
 翌26日午前には、宮中における内閣総理大臣の親任式及び国務大臣の認証式が行われ、正式に福田内閣が発足しました。
 その後、総理大臣官邸に戻り、初閣議、記念撮影が行われました。