首相官邸  
福田総理の動き トップページへ

日本・ツバル首脳会談


平成19年12月6日


イエレミア首相と握手する福田総理の写真 日本・ツバル首脳会談の写真

 平成19年12月6日、福田総理は総理大臣官邸で、ツバルのアピサイ・イエレミア首相と首脳会談を行いました。
 会談では福田総理から、日本国民が、ツバルが直面している気候変動の問題に関心が高いことに触れるとともに、イエレミア首相が先般別府市で行われたアジア・太平洋水サミットに参加したことは、有意義であった旨述べました。また、昨年に引き続き、ノン・プロジェクト無償資金協力を実施し、今後とも支援策を検討していくことを表明しました。
 これに対してイエレミア首相は、アジア・太平洋水サミットは、この地域の直面する課題についての良い意見交換の場であったと述べ、日本が太平洋島嶼国に対する安定と繁栄のために果たしている役割が大きいことに感謝の意を表するとともに、海面上昇問題を含め更なる支援を求めました。
 気候変動問題の対策として福田総理は、日本の協力の可能性を調査するため、ツバルへ調査団の派遣を計画中であること、また、温室効果ガス削減の実効的な将来枠組み構築のための全ての国が参加する交渉の場の立ち上げについて、共同提案国として協力を要請し、イエレミア首相から同意する旨の回答がありました。

【関連リンク】
 ツバルについて(外務省)