首相官邸  
福田総理の動き トップページへ

社会保障国民会議


平成20年5月16日


社会保障国民会議の写真

 平成20年5月16日、福田総理は総理大臣官邸で、社会保障国民会議の第4回目の会合を開催しました。
 この日の会議では、医療・介護サービス、少子化対策・仕事と生活の調和の実現、高齢期の所得保障と公的年金のあり方等について意見交換が行われるとともに、長寿医療制度に関して舛添厚生労働大臣から説明を受けました。
 会議の最後に福田総理は、「長寿医療制度の次回天引き(6月13日)までの間に施行状況の集中点検を行う。そして運用面で対応すべきことはしっかりと対応していくとしています。厚生労働大臣も都道府県や市町村による広域連合の運営強化などを含みまして、総務大臣の協力も得ながら対応に万全を期していきたいと思います。制度の創設に参画したいろいろな関係者に、制度の定着に向けた取組をお願いすることも必要ではないかと思いますので、その際、国民の皆様に制度の趣旨・内容をご理解いただけるための最大限の努力を行っていく必要があると思っています。」と述べました。