首相官邸  
福田総理の動き トップページへ

安全功労者内閣総理大臣表彰


平成20年7月2日


安全功労者表彰式の写真1 安全功労者表彰式の写真2

 平成20年7月2日、福田総理は総理大臣官邸で、平成20年安全功労者表彰を行いました。安全功労者表彰は、交通安全や火災予防など、国民の安全の確保について顕著な功績をあげた方々を表彰するもので、毎年7月1日の「国民安全の日」にちなんで表彰式が行われています。今回は、交通安全、学校安全、産業安全、火災予防、原子力安全の各分野で24の個人・団体が表彰を受けました。

 表彰状授与後、挨拶に立った福田総理は「国民生活の安全、安心の確保、これは私ども政府の最重要課題の一つであります。政府としても、国民の皆様が、日々安全で安心して暮らせるように、今後とも総合的な、いろいろな施策を実施してまいりたいと考えているところでございます。皆様方におかれましても、引き続き安全のための啓発活動に取り組んで、そして、なおいっそう安全、安心のためにご活躍をくださいますように、心からお願いをいたします。」と述べました。

 最後に受賞者を代表して、山形県西置賜郡飯豊町立いいで中部幼稚園園長須貝喜代子さんが「私たちは、それぞれの分野で、学校、地域社会の安全意識高揚のために活動してまいりました。今回の受賞は、日ごろから関係者の皆さまのご指導とお力添えによるものと心から感謝申し上げます。 このたびの受賞をきっかけに、家庭、地域と連携を図りながら地域の明日を担う子どもたちのために安全教育をいっそう推進してまいりますことをお誓い申し上げます。」と謝辞を述べました。