首相官邸  
福田総理の動き トップページへ

北海道洞爺湖サミット(前日)
国際メディアセンター視察・日米首脳会談・日加首脳会談


平成20年7月6日


北海道・千歳空港に到着した福田総理の写真 国際メディアセンター内の環境ショーケースを視察する福田総理夫妻の写真 国際メディアセンター内の北海道情報館を視察する福田総理夫妻の写真
日米首脳会談の写真 日米共同記者会見での両首脳の写真1
日米共同記者会見での両首脳の写真2 日加首脳会談の写真 日加首脳会談の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。

 平成20年7月6日、福田総理は北海道洞爺湖サミット開催のため、北海道虻田郡洞爺湖町に入りました。

 政府専用機で新千歳空港に到着した福田総理は貴代子夫人とともにG8サミットが開催されるホテルに入り、その後G8サミット会場近くにある「国際メディアセンター」を訪れました。人間型の2足歩行ロボットによる出迎えを受けた福田総理夫妻は、気候変動や環境汚染の現状を表したデジタル地球儀「触れる地球」など、先進の環境技術が展示されている「環境ショーケース」を視察しました。また、アイヌ文化など北海道の歴史や自然を紹介する「北海道情報館」にも訪れ、ムックリ演奏などを鑑賞しました。

 視察後、福田総理はG8サミット会場に戻り、アメリカ合衆国のジョージ・W・ブッシュ大統領と日米首脳会談を行いました。会談では、過去数十年に渡り日米同盟によってこの地域の平和と安定が維持されたとの認識で一致したことをはじめ、北朝鮮の拉致問題、G8サミットの主要テーマである地球温暖化問題や食料価格高騰問題について議論しました。

 拉致問題で福田総理は、北朝鮮の非核化と拉致問題の解決が重要であることを伝え、ブッシュ大統領はこうした日本の立場を明確に支持し、緊密に連携していくことを確認しました。また、地球温暖化問題について、両国がG8サミットに向けて引き続き協力していくことを確認しました。この他、両首脳はアフリカの保健と食料安全保障のための協力に合意しました。

 会談後、両首脳は共同記者会見を行い、福田総理は「ブッシュ大統領からは、自分は拉致問題を決して忘れない、拉致問題に関する日本の立場を明確に支持する、その解決に向け日本と引き続き緊密に連携していきたい、という発言がございました。心強く感じたわけであります。また、気候変動問題についても、人類が直面する最も深刻な挑戦のひとつであり、子孫に美しい地球を残すこと我々の責務であること、そのためG8サミットに向け引き続き協力していこう、というのが私と大統領の共通の認識であります。」と述べました。

 その後、福田総理はカナダのスティーブン・ジョセフ・ハーパー首相と日加首脳会談を行いました。会談では、地域紛争の解決に向けた平和構築やアフリカ開発で協力をしていくことを確認しました。また、地球温暖化問題や原油価格高騰問題などについても意見交換を行いました。

【関連リンク】
  北海道洞爺湖サミットコンテンツ紹介ページ
  北海道洞爺湖サミット公式ホームーページ(外務省)
  日米首脳会談の概要(外務省)
  日米共同記者会見(概要)(外務省)
  日加首脳会談(概要)(外務省)
 総理の動き[ビデオ版]北海道洞爺湖サミット(前日) 国際メディアセンター視察・日米首脳会談・日加首脳会談