本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年11月11日(火)定例閣議案件

一般案件


所得及び譲渡収益に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国との間の条約を改正する議定書の承認について(決定)

(外務省)


国会提出案件


衆議院議員長妻昭(民主)提出安倍晋三内閣総理大臣の「捏造」等発言に関する質問に対する答弁書について(決定)

(内閣官房)

衆議院議員小池政就(維新)提出歳入庁設置に関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)

参議院議員徳永エリ(民主)提出TPP協定交渉に係る各種文書の政府保有状況及び内容に関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)

衆議院議員林原由佳(無)提出「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」の附帯決議に関する質問に対する答弁書について(決定)

(警察庁)

衆議院議員鈴木貴子(無)提出復興予算の執行に関する第3回質問に対する答弁書について(決定)

(復興庁)

衆議院議員鈴木貴子(無)提出検察官によるセクハラ行為に関する質問に対する答弁書について(決定)

(法務省)

衆議院議員鈴木貴子(無)提出小渕優子後援会事務所の家宅捜索に関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)

衆議院議員鈴木貴子(無)提出外務省在外公館の定員割れに関する質問に対する答弁書について(決定)

(外務省)

衆議院議員鈴木貴子(無)提出外務省HPから慰安婦の記述が削除された件に関する再質問に対する答弁書について(決定)

(同上)

参議院議員浜田和幸(改革)提出日本の対中直接投資の促進に関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)

参議院議員浜田和幸(改革)提出信教の自由から見た我が国における公的機関等による食品のハラール認証制度の整備に関する質問に対する答弁書について(決定)

(農林水産省)

衆議院議員阿部知子(無)提出再生可能エネルギーの接続可能量の算定方法に関する質問に対する答弁書について(決定)

(経済産業省)

衆議院議員鈴木貴子(無)提出川内原発再稼働の是非に関する第3回質問に対する答弁書について(決定)

(同上)

参議院議員浜田和幸(改革)提出シェールガス革命に伴う我が国の原油輸入の将来展望に関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)

参議院議員江口克彦(次代)提出空き家対策に関する質問に対する答弁書について(決定)

(国土交通省)

参議院議員福島みずほ(社民)提出辺野古問題に関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)

衆議院議員小池政就(維新)提出日米防衛協力のための指針の見直しに関する質問に対する答弁書について(決定)

(防衛省)

参議院議員福島みずほ(社民)提出普天間基地返還問題に関する質問に対する答弁書について(決定)

(同上)


公布(条約)


所得及び譲渡収益に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国との間の条約を改正する議定書(決定)

(外務省)


政 令


地方税法施行令の一部を改正する政令(決定)

(総務・財務省)


人 事


伊藤くに明外1名を特命全権大使に任命することについて(決定)

小泉孝博外1名を簡易裁判所判事等に任命し,判事兼簡易裁判所判事小野憲一の兼官を免ずることについて(決定)

元岡山県議会議員高宮 明外125名の叙位又は叙勲について(決定)


配 布


新潟市長選挙結果調

(総務省)


議事録

※当ページ上に掲載されているPDFファイルを閲覧・印刷いただく場合、Adobe®Reader®プラグインが必要となります。

用語解説

一般案件
国政に関する基本的重要事項等であって、内閣として意思決定を行うことが必要なもの
国会提出案件
法律に基づき内閣として国会に提出・報告するもの
法律・条約の公布
国会で成立した法律又は締結された条約を憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの
法律案
内閣提出法律案を立案し、国会に提出するもの
政令
政令(内閣の制定する命令)を決定し、憲法第7条に基づき公布のための内閣の助言と承認を行うもの
報告
国政に関する主要な調査の結果の発表、各種審議会の答申等閣議に報告することが適当と認められるもの
配布
閣議席上に資料を配布するもの

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.