菅内閣の一週間 首相官邸 トップページへ

菅内閣の一週間(1月31日〜2月6日)

前週次週

  国会 内政関係 外交・防衛関係 その他
1/31
(月)
衆・予算委員会

平成23年度予算の提案理由についての補足的説明及び予算案に対する基本的質疑が行われました。

政府・与党社会保障改革検討本部

社会保障・税に関わる番号制度についての基本方針を決定。幅広く国民運動を展開するために「番号制度創設推進本部」を設置しました。また、「社会保障改革に関する集中検討会議」を設置し、幹事委員を公表しました。

中東・北アフリカ情勢に関する緊急対策本部(〜2月4日)

外務大臣を本部長として、1月29日発足後、2月4日までに14回開催。エジプトの治安情勢の不安定化等にかんがみ、チャーター便の手配等、邦人の安全確保に万全を期すための対応等を協議しました。

 
2/1
(火)
衆・予算委員会

基本的質疑が行われました。

大雪等及び新燃岳噴火に関する関係閣僚会議

今後の政府の対応方針を確認。大雪等については、道路・ライフラインの確保や雪下ろし時の転落事故防止のための普及啓発等、新燃岳噴火については、降灰への早急な対応等を図ります。

   
2/2
(水)
衆・予算委員会

基本的質疑が行われました。

  エジプト情勢について外務大臣談話

民主的な政府への平和的な移行を通じて、政治的安定と平静な市民生活の回復が図られることを強く期待する旨の談話を公表しました。

 
2/3
(木)
衆・予算委員会

基本的質疑、一般質疑が行われました。

火山噴火予知連絡会拡大幹事会

新燃岳の火山活動について、専門家が総合的に検討。「当分の間、現在と同程度の溶岩を吹き飛ばす爆発的な噴火を繰り返す」との見解を示しました。

・「開国フォーラム〜平成の開国と私たちの暮らし」募集開始

2月26日の第1回フォーラムの他、全国8か所程度で開催予定。「平成の開国」について、各界関係者の間で議論しながら、国民の暮らしとの関係等について理解を深める場です。一般参加者の募集を、下記より行っています。
http://www.npu.go.jp/forum/


日伊電話首脳会談

エジプト滞在中の日本人の出国に関し、総理よりチャーター便の運行に対するイタリア政府の支援に感謝の意を表明。またエジプト情勢等につき意見交換しました。

 
2/4
(金)
・衆・予算委員会

一般質疑が行われました。

霧島山(新燃岳)噴火に関する関係閣僚会議

政府の対応方針を拡充。不測の事態に備えた対策や避難体制を確立するとともに、降灰被害については降灰防除地域の指定などにより早急な対応を図ります。

   
2/5
(土)
  社会保障改革に関する集中検討会議

社会保障・税一体改革の検討を集中的に行うとともに、国民的な議論をオープンに進めていくための内閣総理大臣を議長とする会議。今回は今後の進め方等について話し合われました。次回からは公開ヒアリングを行います。

   
2/6
(日)
    ・日中に関する意見交換会

総理が財界人の方々と中国情勢や日中関係について意見交換を行いました。

 
前週次週