菅内閣の一週間 首相官邸 トップページへ

菅内閣の一週間(4月25日〜5月1日)

前週次週
  国会 内政関係 外交・防衛関係 その他
4/25
(月)
参・決算委員会

平成21年度決算外2件について審議が行われました。

参・予算委員会

東日本大震災・原発事故に関して、集中審議が行われました。

週刊総理ニュースの再開

大震災発災後、週刊総理ニュースの動画発信を控えておりましたが、総理が日々、災害対策に集中しながらも、日本の外交政策、内政政策などに取り組む姿を紹介する「週刊総理ニュース」を再開いたしました。

4/26
(火)
衆・予算委員会

東日本大震災に関して、集中審議が行われました。

   
4/27
(水)
  中央防災会議

東日本大震災の特徴と課題について説明が行われ、これまでの対策等について話し合われました。総理は、今回の大震災における対策の在り方をもう一度しっかり検証して、今後に備えるため、防災対策の在り方を大きく見直していく必要があると述べました。

社会保障改革に関する集中検討会議

2月から4月にかけて行った公開ヒアリング等において、各方面の方々から提出された社会保障に関する提言や意見等について話し合われました。その様子は政府インターネットテレビで放送中です。

4/28
(木)
衆参・本会議

財政に関する演説が行われ、演説に対する質疑が行われました。

・衆・予算委員会

補正予算の提案理由説明が行われました。

経済情勢に関する検討会合

前回、総理から指示のあった、政策推進のための全体指針の骨子案が提示され、話し合われました。総理は、「政策の再スタートに向けた全体の方針を議論いただきました。全体指針は、連休明けに閣僚懇談会で議論し、閣議で決定したいと思います。改めて新しい状況の中で日本を再生していくという決意をもって私自身もあたっていきたいと思います」と述べました。

・「復興アクション」キャンペーン キックオフ記者発表会

民間団体・企業が展開する被災地支援活動を政府として後押しして、日本全国の消費者の様々な行動を、被災地の応援につなげることを目的に、「復興アクション」キャンペーンを開始。官房長官は、被災地の野菜を食べ、旅行に行くだけでなく、家族と出かける、外食をするなどいつも通りの休日を楽しむことで日本経済が活性化する。そのことが被災地への支援、復興につながる旨を述べました。

-KAN-FULL BLOG-

先を見すえて/菅直人直筆のページ
進む決意と、悼む心と


社会保障・税に関わる番号制度に関する実務検討会

番号制度の導入に向けて、法令その他で措置する事項の内容等、現段階での方向性を示した社会保障・税番号要綱を取りまとめました。今後は防災福祉の観点からの方策や、具体的な利用事務を、6月に取りまとめる社会保障・税番号大綱に示すべく、引き続き検討を進めていきます。

   
4/29
(金)
衆・予算委員会

基本的質疑が行われました。

4/30
(土)
衆・予算委員会

締めくくり質疑が行われました。その後、補正予算案の採決が行われ、可決されました。

衆・本会議

補正予算案の採決が行われ、可決されました。

東日本大震災復興構想会議

阪神大震災時の対応に当たった、当時の兵庫県知事、官房副長官から経験を踏まえたご意見を伺いました。また、経済3団体からもご意見を伺いました。

-KAN-FULL BLOG-

KAN-FULL TV
第18話【訪問】原発事故から41日目の福島 避難所

   
5/1
(日)
参・予算委員会

基本的質疑が行われました。

前週次週