菅内閣の一週間 首相官邸 トップページへ

菅内閣の一週間(5月9日〜5月15日)

前週次週
  国会 内政関係 外交・防衛関係 その他
5/9
(月)

5/10
(火)
経済情勢に関する検討会合

政策推進のための全体指針の案について話し合われました。総理は、「大震災後、この指針に沿って、新たな再スタートを切るという覚悟で臨んでまいりたい」と述べました。


東日本大震災復興構想会議

大船渡、陸前高田の両市を現地視察した委員から報告が行われました。また、復興構想7原則を策定し、今後、この7原則に沿って、議論を深め、未来の日本にとって希望となる復興の青写真を描いていく考えを公表しました。


菅内閣総理大臣記者会見

総理は、「補正予算が全党一致、全員一致で可決、成立いたしました。更に復旧の活動を強めると同時に、復旧から復興への足取りを進めていくため、復興基本法と内閣法の改正を国会に提出しました。与野党それぞれのご意見を聞きながら、成立に全力を挙げたい。また、原子力事故調査委員会を発足するに当たって、独立性、公開性、包括性という3つの原則が重要だと考えております」と述べました。

   
5/11
(水)
福島県双葉町議会による東日本大震災に関する要望

総理は、「先日、双葉町の皆さんにお会いし、避難生活のご苦労がよくわかりました。一日も早く元の生活に戻っていただけるように頑張らないといけないと思っています」と述べました。


福島県楢葉町議会による東日本大震災に関する要望

総理は、「皆さんからのご要望をいろいろ聞かせていただいて、しっかりと受け止めて取り組んでいきたい」と述べました。

5/12
(木)
原子力発電所事故経済被害対応チーム関係閣僚会合

原子力災害被害者に対する緊急支援措置について決定。総理は、「仮払いも既に第1弾が進んでおりますが、それに加えて、農林漁業者への仮払いを速やかに行うよう東京電力に対して、政府として申し上げることを決定いただきました。また、被害者の皆さんに一日も早く救済がきちんと実行される観点から、丁寧にやっていくということでご了解をいただきました」と述べました。


社会保障改革に関する集中検討会議

厚生労働省から提示された「社会保障制度改革の方向性と具体策」等について議論しました。総理は、「いよいよ、これから議論を集約していく段階に入ります。今後、5月末までに社会保障改革試案を提示し、6月末までに社会保障・税一体改革の成案をとりまとめるというスケジュールで更に努力をお願いしたい」と述べました。


   
5/13
(金)
参・予算委員会

東日本大震災・原発事故に関して、集中審議が行われました。

電力需給緊急対策本部

東京・東北電力管内のこの夏の電力需給の総合的な対策を決定。官房長官は会見で、「需要抑制目標については、企業や家庭ともに昨年ピーク時に比べて15%の抑制を目標としていただくこととしました」と述べました。


犯罪対策閣僚会議

被災地等における安心・安全の確保対策について話し合われました。総理は、「原発周辺では、避難されている多くの皆さんが、自宅が盗難にあわないか心配されています。警戒区域が設定され、立入が禁止されたことで、よりしっかりとした対策ができる形になったと思っています。さらに、計画的避難区域においても、同じような問題が今後心配をされますので、しっかりとした対応をお願いしたい」と述べました。


-KAN-FULL BLOG-

KAN-FULL TV
「【訪問】原発の直近から埼玉の避難所へ …双葉町の皆さんとの対話」

5/14
(土)
福島県知事による要望

総理は、原発事故を一日でも早く収束させること、賠償について責任を持てるよう法的整備を行うこと、いずれもしっかりと対応させていただくと述べました。


東日本大震災復興構想会議

「東日本大震災をどう捉えるか」、「まちづくり・地域づくり」、「復興の基本理念」、「地域経済社会の再生」、「検討に当たっての視座」、「復興を進めるに当たっての課題」、「原発事故による被災への対応」、「復興と我が国の経済社会の再生」の8項目について、討議が行われました。

   
5/15
(日)

前週次週