首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
[総理プロフィール] [総理演説等] [小泉総理の動き]
小泉総理の動き

 

日・英首脳会談

平成13年7月2日

日・英首脳会談に臨む小泉総理とブレア英国首相
日・英首脳会談に臨む小泉総理とブレア英国首相

日・英首脳会談終了後、インタビューに応える小泉総理
日・英首脳会談終了後、インタビューに応える小泉総理

小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。

 米国でブッシュ米国大統領との首脳会談を終えた小泉総理は、平成13年7月1日(日本時間7月2日早朝)、次の目的地である英国に到着し、翌7月2日、ブレア英国首相との首脳会談に臨みました。
 会談では、先の日・米首脳会談の結果を踏まえ、地球温暖化防止に向けた京都議定書について、米国が参加できる方策を協力して模索することで合意しました。
 米国のミサイル防衛構想についてブレア首相は、開発は妥当である旨、支持を表明した上で、配備に向けては同構想に慎重な国々の理解が必要との見解を示しました。小泉総理は研究への理解を表明する一方、憲法上の制約から軍事面以外で協力したい旨、日本の立場を説明しました。
 会談ではこの他、経済問題等さまざまな分野について意見交換が行われ、ブレア首相は、小泉総理の進める構造改革の取り組みへの支持を表明しました。


関連リンク:日米首脳会談
ジョスパン仏首相との会談
日・仏首脳会談