首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
[総理プロフィール] [総理演説等] [小泉総理の動き]
小泉総理の動き

 

テロ対策関係閣僚会議・総理記者会見

平成13年9月19日



テロ対策関係閣僚会議テロ対策関係閣僚会議 総理記者会見テロ対策関係閣僚会議後の記者会見

写真をクリックすると拡大写真になります。


 平成13年9月19日、総理官邸でテロ対策関係閣僚会議が招集されました。会議では、米国における同時多発テロへの対応に関する我が国の措置について、テロリズムとの闘いを我が国自らの安全確保の問題と認識して主体的に取り組むこと、同盟国である米国を強く支持し、米国をはじめとする世界の国々と一致結束して対応する等の基本方針を決定しました。
 この方針の下、当面の措置として国連安保理決議において「国際の平和及び安全に対する脅威」と認められた本件テロに関連して措置を取る米軍等に対して、医療、輸送・補給等の支援活動を実施する目的で、自衛隊を派遣するため所要の措置を早急に講ずる等、七つの項目からなる措置を決定しました。

 引き続き、小泉総理は総理官邸で記者会見を行ないました。
 総理は、「今回、米国で発生したテロについては、米国に対する攻撃のみならず、世界人類に対する自由、平和、民主主義に対する攻撃と強い憤りをおぼえております。こうした認識の下に、テロ根絶に向け、日本としても米国をはじめ関係諸国と協力しながら、主体的な取り組みをしたいと思い、次のような具体的な措置をとることを決めました。」と述べ、七項目からなる具体的な措置について発表をしました。
 総理は更に、「日本としても、憲法の前文にありますとおり、国際社会において名誉ある地位を占めたいと謳っています。同時に憲法9条、国際紛争を解決する手段として武力行使を放棄するという点も重視しながら、武力行使と一体とならない支援は何かということを考え、出来る限りの支援協力体制を米国はじめ関係諸国と協力しながら考えていきたい。」と述べました。