首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成14年12月
小泉総理の動き

 

燃料電池自動車納入式


平成14年12月2日

車の鍵の引渡しを受ける小泉総理の写真 燃料電池車に試乗する小泉総理の写真 燃料電池車に試乗する小泉総理の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。



小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。


 平成14年12月2日、総理大臣官邸において燃料電池自動車の納入式が行われ、小泉総理は政府に納入された燃料電池自動車の市販車第1号(2つの会社から各1台ずつ)の試乗を行ないました。
 この日納入された燃料電池自動車は、水素と酸素を化学反応させて発生した電気を動力源とするもので、ガソリン車などに比べ燃料の効率性やCO削減効果も高く、静粛性にも優れており、世界で初めて日本で市販されることとなったものです。
 小泉総理は、挨拶の中で「燃料電池自動車の完成はもっと先だと思っていたが、予想よりも早く世界に先駆けて市販されることになった。日本は自然との共生と経済発展の両方に成功したと言われるよう、今後とも技術開発面での活躍を期待します。」と述べました。その後、トヨタ自動車の奥田会長、本田技研工業の吉野社長から車の鍵の引渡しを受け、それぞれの車に試乗して官邸内駐車場を一周しました。
 納入式終了後には、福田官房長官と扇国土交通大臣が自ら運転して駐車場を1周し、関係閣僚も熱心に燃料電池自動車をのぞき込んでいました。
 小泉総理は、今年度以降3年間で、全ての一般公用車を低公害車に切り替えることを指示しており、政府を始めとする公的部門は率先して低公害車を導入しています。