首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年 1月
小泉総理の動き

 

官邸コンファレンス「郵政民営化:官から民への大改革」


平成17年1月17日


官邸コンファレンスで挨拶する小泉総理の写真 官邸コンファレンスの写真

 平成17年1月17日、総理大臣官邸で、「官邸コンファレンス『郵政民営化:官から民への大改革』」が開催されました。
 このコンファレンスは、平成19年4月の郵政の民営化に向け、内外の有識者から意見を聴くとともに、経済財政諮問会議議員や郵政民営化に関する有識者会議メンバー等との間で討議していただくことを目的として約40人が参加して開催されました。
 開会に当たり小泉総理は、「郵政民営化は、単に、郵便、貯金、保険の三事業だけではありません。金融全体、物流、行政、財政全般に関わる問題であります。極めて難しい問題でありますが、竹中郵政担当大臣を中心として国民の理解と協力を得ながらこれからも改革を進めていかなければなりません。すべての政党が反対している郵政民営化は、極めて異例の改革でありますが、奇跡に挑むのが小泉内閣であります。抵抗・反対を恐れずこの郵政民営化の法案を今国会で成立させたいと思っております。」と挨拶しました。
 小泉総理の挨拶に続き、経済財政諮問会議の奥田碩日本経団連会長及び民営化の先行例であるドイツ郵便事業会社ドイツポストのクラウス・ツムヴィンケル会長の基調講演が行われました。
 この後、竹中郵政民営化担当大臣の司会による討議は昼食をはさんで6時間におよび、この模様はインターネットで全国に生中継されました。


関連リンク : 官邸コンファレンス「郵政民営化:官から民への大改革」