首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年 4月
小泉総理の動き

 

総理大臣新公邸完成披露


平成17年4月11日


家庭用燃料電池の「鍵」を受け取る小泉総理の写真 新公邸完成披露で挨拶する小泉総理の写真 新公邸完成披露の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。


小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。

 平成17年4月11日、総理大臣新公邸の完成披露が行われました。
 新公邸の完成披露には、歴代の総理大臣、官房長官、各省庁の大臣らが参加して行われました。新公邸は、1929年に完成した旧官邸を改装したもので、2.26事件など激動の歴史を見つめ続けた洋風建築の面影は残しつつも、24時間対応可能な執務スペースや要人をもてなす茶室や和室など、新しい世紀の首相の住まいにふさわしい機能を充実させた造りになっています。
 挨拶に立った小泉総理は、「中曽根内閣以来の事業が完成した。歴史的にも文化的にも価値がある旧官邸の良さを生かし、新時代にふさわしい新公邸を建設できた。」と述べました。
 また、新公邸の完成披露に先立ち、4月8日に、家庭用燃料電池世界初商用第1号機の導入式典が執り行われました。燃料電池は都市ガスやLPガスなどから水素を取り出し、酸素との化学反応で熱を発生させてお湯を沸かすと同時に発電する装置です。二酸化炭素の排出を大幅に抑制できるもので、新公邸には2基設置されました。小泉総理が電源を入れ、「『もったいない』という気持ちと環境を大事にする技術を結びつけ、すばらしい環境を残していきたい。」と挨拶しました。