首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年 6月
小泉総理の動き

 

日本・カタール首脳会談


平成17年6月8日


ハマド首長と握手する小泉総理の写真 日本・カタール首脳会談の写真

 平成17年6月8日、小泉総理は総理大臣官邸で、カタールのシェイク・ハマド・ビン・ハリーファ・アール・サーニ首長と首脳会談を行いました。
 会談では、二国間関係、中東の地域情勢、石油情勢、国連改革などについて話し合いが行われました。
 二国間関係についてハマド首長は、「日本とカタールの関係の進展にカタールは熱意を持って取り組んできています。」と述べるとともに、関空へのカタール航空の就航を週4便から7便へ増便するよう要請しました。これに対して小泉総理は、大いに歓迎したい旨述べました。
 中東和平問題についてハマド首長は、日本が中東との対話を重視していることを高く評価するとともに、「自衛隊は、人道復興支援を行っており、占領軍ではないことはカタールでは広く知られています。」と、日本の自衛隊のイラクでの活動を歓迎している旨発言がありました。小泉総理は、「日本は中東和平実現のためにパレスチナとイスラエルとの共存共栄を目指して国際社会との協力を進めていきたい。イラクの復興はイラク人にしかできないし、イラクが友好を示せば国際社会は喜んで協力します。」と述べました。
 国連改革について小泉総理から、「今、国連安保理改革の機運があるので、改革実現のために協力をお願いしたい。」と発言しました。ハマド首長は「カタールは99年から日本の常任理事国入りについて支持してきています。日本とは改革のために引き続き協力していきたい。」と述べました。