首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年7月
小泉総理の動き

 

日本・ウクライナ首脳会談


平成17年7月21日


首脳会談前に握手する両首脳の写真 日本・ウクライナ首脳会談の写真
共同声明に署名する両首脳の写真 旧日本軍兵士の所持品の返還を受ける小泉総理の写真 共同記者発表を行う両首脳の写真


写真をクリックすると拡大写真になります。


小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。


 平成17年7月21日、小泉総理は総理大臣官邸で、ウクライナのヴィクトル・ユーシチェンコ大統領と首脳会談を行いました。
 会談後両首脳は、「日本国とウクライナの21世紀における新たなパートナーシップに関する共同声明」に署名しました。署名後、ユーシチェンコ大統領から小泉総理に、ソ連時代に抑留されていた日本軍兵士の所持品である日章旗の返還が行われました。ウクライナ政府側に返還を求めていたもので、大統領の訪日を機会に小泉総理に手渡されることになったもので、大分県に在住の所有者に返還される予定です。
 その後両首脳は共同記者発表を行いました。席上小泉総理は、元抑留者の所持品の返還に謝意を表明したうえで、「大統領の訪問を機会に、日本とウクライナの協力関係をさらに発展させるために、閣僚レベルの協力委員会を設置することで合意しました。日本政府として、大統領の訪日を心から歓迎するとともに、ウクライナの更なる民主化、市場経済の定着に支援していきたいという有意義な充実した会談ができたと思っています。日本としては、今後協力関係を強化して二国間関係はもとより、国際社会でも両国は様々な分野で協力できると確信しています。」と述べました。
 また、ユーシチェンコ大統領は、「小泉総理と会談して、ウクライナと日本の協力関係を発展させるべきであるという確信を持ちました。ウクライナは日本にとっていいパートナーになる用意があります。」と応じました。