首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年7月
小泉総理の動き

 

国会議事堂周辺視察


平成17年7月29日


保水性舗装・散水装置の説明を受ける小泉総理の写真 太陽光・風力発電装置を見上げる小泉総理の写真 道路散水装置の説明を受ける小泉総理の写真
共同溝の説明を受ける小泉総理の写真 共同溝の説明を受ける小泉総理の写真


写真をクリックすると拡大写真になります。

小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。


 平成17年7月29日午前、小泉総理は国会議事堂周辺の保水性舗装・散水装置及び日比谷共同溝虎ノ門立坑を視察しました。
 道路散水による都心のヒートアイランド対策として、国会議事堂と議員会館をはさむ車道に設置された散水装置は、中央分離帯からまかれた水が、保水性を持つ舗装を施した道路の路面温度を冷やすことでヒートアイランド現象を防ごうというものです。国会議事堂周辺に保水性舗装と自然エネルギーを活用した装置を設置しています。
 パネルやモニターで説明を受けた小泉総理は、「これはどのくらいの時間(水を)まいているのか。」などと真剣な表情で質問していました。
 その後小泉総理は、虎ノ門にある日比谷共同溝を訪問、地下約40メートルの底までエレベータで降下しました。基幹の電力、水道、通信網などをまとめて収容し、地震時にもライフラインを堅固な構造で収容する共同溝の説明を受けました。