首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年 8月
小泉総理の動き

 

日本・ナウル首脳会談


平成17年8月3日


スコティー大統領と握手する小泉総理の写真 日本・ナウル首脳会談の写真

 平成17年8月3日、小泉総理は総理大臣官邸で、ナウル共和国のルドウィグ・スコティー大統領と首脳会談を行いました。
 会談では、二国間関係、国連安保理改革、漁業(IWC)関係などについて話し合いが行われました。
 冒頭、小泉総理から、国連改革でのG4の共同提案国になっていただいたことに謝意を表した上で、「大統領として初めて訪日されることを歓迎し、ナウル・日本関係を今後とも強化していきたい。」と述べました。
 スコティー大統領からは、「ナウルの今の政権は日本の立場を完全に支持しており、国連安保理改革のみならず、IWCにおいても他国と多くの問題を抱えているにも関わらず、日本が取り組んでいることが世界でも役立つものであるという認識の下で日本を支持している。G4の決議案についても、日本が国連や国際社会に果たしてきた役割を十分認識し、日本が国連安保理の常任理事国となることに相応しい時期にあると認識している。」と述べました。
 また、同大統領から、日本は第二次世界大戦での唯一の被爆国であり、過去の戦争の悲惨さを十分認識している国として国際社会でも立派な役割を果たしていけるのではないか。ナウル政府として国の活性化に努力するとともに、日本側の協力をお願いしたい、との話がありました。
 最後に小泉総理は、「国連改革、IWCでの協力関係を非常にうれしく思います。二国間関係、さらにはグローバルな問題に関して協力を強化していくために今回の大統領の訪問をよい機会としてほしい。」と述べました。