首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年8月
小泉総理の動き

 

ものづくり日本大賞内閣総理大臣表彰


平成17年8月4日


受賞者に表彰状を手渡す小泉総理の写真 受賞者にメダルをかける小泉総理の写真

 平成17年8月4日、小泉総理は総理大臣官邸で、第1回「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣表彰を行いました。
 ものづくり日本大賞は、我が国産業・文化を支えてきた「ものづくり」を承継・発展させるため、ものづくりを支える人材の意欲を高め、存在を広く社会に知らせるために創設されたものです。ものづくりの中核を担う中堅人材、伝統の技を支える熟練人材、将来を担う若手人材をバランスよく表彰するもので、チームワークが我が国の強みであることを踏まえ、個人のみならず、グループも受賞の対象としています。今後は2年に一度の表彰を予定しています。
 本年1月に公募を開始し、全国9ブロックに設置する選考分科会による1次審査、選考有識者会議による2次審査を経て受賞者を選定したもので、25件59名が受賞しました。
 小泉総理は、「日本はものづくりに優れた国民性を持っています。日本の文化と伝統、そして技。皆さんは常に創意と工夫を怠らないで常にものづくりに精進されておられる。改めてお祝いと敬意を表したいと思います。今後とも皆さんの技と心意気を後に続く人たちにも伝えていただきたい。日本にのみではなく、ものづくりの大切さを世界に発信していただきたい。」とお祝いの言葉を述べました。