首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成17年11月
小泉総理の動き

 

日米首脳会談


平成17年11月16日


金閣寺を案内する小泉総理の写真 日米首脳会談前に握手する両首脳の写真 共同記者会見に臨む両首脳の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。



小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。


 平成17年11月16日朝、小泉総理は日米首脳会談に先立ちブッシュ大統領、ローラ夫人とともに京都市の金閣寺をそろって見学、境内を散策しました。小泉総理は金閣寺総門前で大統領夫妻を出迎え、境内では住職の案内で、純金の箔を施した金閣や鏡湖池周辺を散策、色づいた木々を指差しながら身ぶり手ぶりで説明すると、大統領夫妻は熱心に聞き入っていました。
 その後小泉総理は、約2年ぶりに来日したブッシュ大統領と京都迎賓館で約1時間半の首脳会談を行いました。会談終了後両首脳は共同記者会見に臨みました。会見の冒頭小泉総理は、「国際社会での日米関係の重要性について、『世界の中の日米同盟』という視点からブッシュ大統領とお話しました。日米関係が緊密であればあるほど、中国、韓国、アジア諸国との関係にも資するのです。国連改革に向けた動きを見ても、、日米関係の重要性及び国際協調の重要性を理解することができます。米国は日本の安全保障理事国入りを支持しており、今後とも米国と協力していきたいと思っております。また、今後もテロに対する長い、辛い闘いを覚悟しなければなりませんが、世界の各国が安定した民主的な国を立ち上げることを支援していかなければなりません。」と述べました。
 これに対してブッシュ大統領は、衆議院議員選挙での勝利を祝福するとともに、小泉総理の改革を評価し、「米国民の間では、小泉総理と私が非常に親しい友人であるということがよく知られており、日米関係は重要、かつ非常に強固であります。民主主義及び自由の拡大が重要であり、イラクやアフガニスタンにおける日本人の支援に感謝し、高く評価しております。」などと応じました。
 このほか、米軍再編、沖縄の負担軽減、イラク復興支援、BSE(牛海綿状脳症)問題、鳥インフルエンザなどについて日米間で協力していくことで一致しました。