首相官邸 首相官邸 トップページ
首相官邸 官邸だより
 トップ総理の動き平成18年6月
小泉総理の動き

 

沖縄全戦没者追悼式への出席


平成18年6月23日


追悼式に参列する小泉総理の写真 挨拶する小泉総理の写真 献花を行う小泉総理の写真

写真をクリックすると拡大写真になります。


小泉総理の動き[ビデオ版] を押すと動画でご覧いただけます。

 平成18年6月23日、沖縄戦終結61年目の「慰霊の日」に、県主催沖縄全戦没者追悼式に出席するため、沖縄県糸満市の平和祈念公園を訪れ、稲嶺沖縄県知事を始めとする県関係者のほか、小泉総理、衆参両院議長、関係閣僚、遺族ら約4500人が参列して、24万人を超える戦没者を追悼しました。
 式典では、開会の式辞後、正午の時報に合わせて1分間の黙とうが捧げられました。引き続いて、遺族連合会からの追悼のことばの後、各代表者による白菊の献花、そして稲嶺知事の平和宣言、地元高校生による詩の朗読が行われました。  続いて、来賓の挨拶として小泉総理は「二度と悲惨な戦争を経験することのないよう、将来にわたって平和を大切に守っていかなくてはなりません。」と述べるとともに、在日米軍の兵力見直しについて「具体化していくため、今後とも引き続き地元沖縄のご理解とご協力を得られるよう十分協議してまいります。」と決意を述べました。


映像による総理の動き・総理の記者会見は
政府インターネットテレビ

※ 番組をご覧いただくためには、Windows版 Microsoft Internet Explorer6.0以上またはNetscape4.7のブラウザが必要です。