本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル
文字サイズの変更
中
大

平成26年9月30日情報セキュリティ対策の一層の普及について~情報セキュリティ国際キャンペーンの実施に当たって~

 情報通信技術の普及・高度化とその利活用の進展の結果、サイバー空間は、日常生活、社会経済活動等のあらゆる活動にとって、重要な基盤となっています。また、我が国の経済成長やイノベーションにとっても、サイバー空間は必要不可欠なものです。サイバー空間では、国境を越えて人々が連携し、大きな価値を生み出しています。

 その一方、こうして私たちの社会経済活動が情報通信技術に依存していくとともに、サイバー攻撃による脅威も急速に増大しています。スマートフォンを標的とした個人情報の不正な収集や、オンラインバンキングを狙った攻撃、企業の情報システムからの重要情報の流出等による個人や企業等の被害も深刻化しています。

 こうしたサイバー空間における脅威は、ボーダーレスに進行しており、もはや各国単独の取組のみでは、十分な対応が困難な状況です。サイバー空間がもたらす恩恵を、私たちが最大限に享受するためには、国際的に協力して情報セキュリティ対策に取り組むことが不可欠です。

 このため、政府では、様々な国と連携して情報セキュリティ対策を進めています。そして、毎年10月を、この国際連携を活用して情報セキュリティ対策の普及に取り組む「情報セキュリティ国際キャンペーン」月間としています。本年も、情報セキュリティ対策に関するイベントや情報提供を集中的に実施して参ります。この機会に、サイバー空間のもたらす恩恵と課題とを自らのものとして改めて意識し、情報セキュリティ対策をより一層進めていただきますよう、広く国民の皆様にお願い申し上げます。

平成26年9月30日
内閣官房長官 菅 義偉

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.