本文へ移動

首相官邸 Prime Minister of Japan and His Cabinet
言語選択
English
中文
表示選択
PC
モバイル

平成29年2月1日サイバーセキュリティ月間における菅内閣官房長官メッセージ

 内閣官房長官の菅でございます。
 「サイバーセキュリティ月間」を迎えるに当たり、一言ご挨拶申し上げます。

 近年、パソコンやスマートフォンだけでなく、家電、自動車など、様々なものがネットワークに接続され始めており、若年層から高齢者まで幅広い世代がサイバー空間を日々の活動の場としています。

 その一方で、個人情報の流出、経済的な犯罪から、重要インフラシステムの破壊に至るまで、サイバー攻撃等によるリスクは益々深刻化しております。

 このような中で、国民生活や社会経済活動を守っていくためには、政府機関や重要インフラ事業者のみならず、国民の皆さん一人一人が、サイバーセキュリティの重要性を認識し、サイバー攻撃等に対する防護策を講じていく必要があります。

 また、我が国では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会が予定されており、大会の成功のためにも、サイバーセキュリティ対策に万全を期さなければなりません。

 そこで、政府では、国民の皆様にサイバーセキュリティに関する意識や知識の浸透を図るべく、2月1日から3月18日までの期間を「サイバーセキュリティ月間」とし、産・官・学・民の連携のもと、集中的に普及啓発活動を実施することといたしました。

 期間中、全国各地で、関連する行事が多数開催をされます。ぜひ、これらのイベントにご参加いただき、ご自身のパソコンやスマートフォンのセキュリティはもちろんのこと、サイバーセキュリティ全般に関する関心を高めるための一助にしていただければと存じます。

 政府としては、今後とも、我が国のサイバーセキュリティを確保するため、様々な施策を積極的に推進してまいります。皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

平成29年2月1日  サイバーセキュリティ戦略本部長
内閣官房長官 菅 義偉

関連リンク

ページの先頭へ戻る

内閣官房内閣広報室
〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1

Copyright © Cabinet Public Relations Office, Cabinet Secretariat. All Rights Reserved.