平成22年3月19日(金)午前

動画版を見る

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。 
 一般案件として、「都道府県の国民の保護に関する計画の変更」について決定をされました。大臣発言として、厚生労働大臣から、「春闘情勢について」、法務大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣、防衛大臣から、「独立行政法人の人事について」、鳩山総理から、「海外出張不在中の臨時代理等について」、「東アジア共同体構想に関する今後の取組について」のご発言がございました。特に、鳩山総理からは、東アジア共同体構想の実現のため、「日本を開く」とこういう考え方に基づき、大胆かつ積極的な取組をスピード感を持って立案・実行し、より幅広い分野で具体的な取組を推進するよう関係閣僚に指示がございました。今後、「新成長戦略」の取りまとめにも十分考慮しながら、本年5月末を目処に取組をまとめていくと、こういうことでございます。
 その他、一般案件が28件と、法令、人事案件が決定をされました。


 閣僚懇談会におきましては、国土交通大臣から「平成22年地価公示について」のご発言がございました。


 本日の閣議で決定されました最高裁判事の人事について申し上げます。
 藤田宙靖最高裁判事が4月5日に定年退官されることに伴い、その後任として、4月12日付けで、岡部喜代子氏を最高裁判事として任命することを決定をいたしました。新たに最高裁判事として内定しました岡部氏は、裁判官を経て、民法を専門に慶應義塾大学大学院教授等を歴任されるとともに、この間、厚生労働省の援護審査会委員、中央労働委員会公益委員等を務められるなど、人格、識見ともに優れた方であり、最高裁判事に適任であると考えております。なお、女性の最高裁判事としては、岡部氏は、現在の櫻井判事に次いで4人目となります。

バンクーバー冬季パラリンピック 日本人選手メダル獲得について

 次に、うれしいニュースでございます。
 本日、現地時間18日でございますが、パラリンピック クロスカントリー10キロメートル男子におきまして、新田佳浩選手が、今大会において、日本人初の金メダルを獲得をされました。また、アルペンスキーの男子滑降において、森井大輝選手が銀メダル、狩野亮選手が銅メダルを獲得されました。これらの獲得された3選手、並びにお支えをされてきた関係者の方々に心から祝福を申し上げます。なお、金メダルを獲得された新田選手には、総理の方から祝福の電話をしていただく予定になっております。

このページの先頭へ