平成22年3月2日(火)午前

動画版を見る

閣議の概要について

 ご報告がございます。閣議がございました。閣議の概要について申し上げます。一般案件として、「ネパール国際平和協力業務実施計画の変更」について、決定をいたしました。これは、国連ネパール政治ミッション、UNMIN(アンミン)への自衛官6名の派遣期間を、本年7月31日まで延長するということでございます。これに係る実施計画の変更及び関係政令の改正について、決定をいたしたところでございます。大臣発言として、総務大臣から「労働力調査結果及び家計調査結果」について、厚生労働大臣から「有効求人倍率」についてご報告があり、また、外務大臣から「チリにおける大地震被害に対する緊急無償資金協力」についてご報告がございました。また私(官房長官)の方からは「文仁親王殿下及び眞子内親王殿下のタイ及びラオス国御旅行」について、申し上げました。 その他、国会提出案件18件と、法令・人事案件が決定されました。
 閣僚懇談会におきまして、枝野行政改革担当大臣から事業仕分けに向けた準備への各閣僚に対する協力依頼 次に「仮配分」情報の取り扱いに係る処分について、報告させていただきます。

仮配分情報の取扱いにかかる処分について

 次に「仮配分」情報の取り扱いに係る処分について、報告させていただきます。
 いわゆる「仮配分」問題について、私(官房長官)から総理に、今回の事態が生じたのは、国土交通省が民主党に「仮配分」の検討状況を説明をした際に、当該説明資料の取り扱いに関する相互の意思疎通が十分に行われていなかったことによるものと認められる等、今日までの精査結果についてご報告を申し上げました。その報告を踏まえ、本日の閣議後、総理から前原大臣に対して、今後、こうした無用な混乱や誤解を招くおそれを生じさせることのないよう、「注意処分」を行いましたのでご報告をいたします。

チリの大震災被害に対する支援について

 また、これまでもチリの大震災被害に対する支援ということでご報告を申し上げておりましたが、昨日決定をいたしました国際緊急援助隊医療チームの派遣について、本日、現地時間1日午後、チリ政府の方針として医療チームについては追加派遣を見合わせて欲しいとの趣旨の申し出がございましたので、派遣を見合わせることといたしました。現在チリに向かっている、いわゆる昨夜出発をいたしました第一陣3名につきましては、医療関係機関に対する助言や、医療分野における我が国の今後の協力に関するチリ政府との調整等々のために受け入れに問題ないとしており、予定どおり現地に向かわせる予定でございます。

このページの先頭へ