平成22年4月16日(金)午前

動画版を見る

閣議の概要について

 閣議後の会見として、私(官房長官)の方から概要を申し上げます。 一般案件として、「特定船舶の入港禁止の実施」と「北朝鮮貨物に輸出入承認義務を課する等の措置」に関して、国会の承認を求めることについての決定を致しました。 大臣の発言として、法務大臣並びに国家公安委員長から「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律の施行状況に関する報告等」についてございました。また私(官房長官)、外務大臣臨時代理という立場から「中国青海省における地震被害に対する緊急無償資金協力について」発言を致しました。 その他、一般案件など25件と、人事案件が決定をされました。

 閣僚懇談会の中におきましては、仙谷大臣の方から「新成長戦略について」、文部科学大臣から「日中韓大学間交流・連携推進会議の開催について」の発言がございました。

 最後に、鳩山総理から「公立学校施設の耐震化等への対応の検討について」、文部科学大臣に対する指示として、公立学校施設の耐震化及び老朽化対策事業については、事業の多くが夏休みに行なわれるということから、財務大臣と調整しながら、22年度予算の速やかな執行に努めるとともに、地方公共団体のニーズや検討状況を踏まえて早急に対応できるよう、検討を始めていただきたいと、こういうことでございます。今後、文部科学省において検討をなされていくということになるが、政府として、公立学校施設の耐震化や老朽化対策事業に適切に対応をしていくと、こういうことでございます。

このページの先頭へ