平成22年4月30日(金)午前

動画版を見る

閣議の概要について

 私(官房長官)の方から、閣議の概要についてまず申し上げたいと思います。
 大臣の発言として、私(官房長官)、外務大臣臨時代理の立場で、「郵政改革関連法案の閣議決定について」申し上げました。総務大臣から、「労働力調査結果、消費者物価指数及び家計調査について」、厚生労働大臣から「有効求人倍率について」の発言がございました。
 その他、国会提出案件が13件と、法律・人事案件が決定をされました。
 閣僚懇談会におきましては、菅副総理、経済財政政策担当大臣という立場から「公立高校授業料の無償化等物価見通しに与える影響について」、枝野行政刷新担当大臣から「規制・制度改革に関する分科会における対処方針に係る検討要請について」の発言がございました。

鳩山総理の国内出張について

 次に、鳩山総理の国内出張について申し上げます。
 まず、5月1日(土)、熊本県を訪問をし、水俣病犠牲者慰霊式に出席する予定でございます。また、総理は、同県における農業の現状の現場視察を行うほか、農業関係者との懇談を行う予定でございます。総理大臣としては、水俣病犠牲者慰霊式に出席するのは、今回の鳩山総理が初めてとなります。公害の原点に立ち、水俣病問題に対し、いのちを守る鳩山政権として解決に努力し、大きな一歩を踏み出した節目の年であることを踏まえ、総理自身の強い希望の下に、今考えている、実現をいたしたものでございます。
 さらに、5月4日(火)には、沖縄県に出張いたします。沖縄の基地問題について、総理自ら政府の考え方を県知事を始め県民の皆さんに説明をいたすとともに、直接県民の皆さんのお声をうかがい、関係する現場にも足を運ぶことを目的といたしております。詳細については、現在調整中でございます。

このページの先頭へ