平成22年4月6日(火)午前

動画版を見る

山崎直子宇宙飛行士搭乗のスぺーシャトル打ち上げについて

 はじめに、昨日打ち上げられました山崎飛行士搭乗のスペースシャトルについて、申し上げます。日本人宇宙飛行士の山崎直子さんが搭乗するスペースシャトルが、昨日無事に打ち上げられたことの報告を受けました。心から喜ばしく思っているところでございます。山崎さんは、宇宙ステーションに滞在中の野口さんと共に、初の日本人2人による共同作業を行なうことになります。山崎さんが所期の任務を達成し、他の搭乗員の方々と共に、無事に地上に帰還されることを願っております。

閣議の概要について

 閣議の概要について申し上げます。大臣発言として、外務大臣から「平成22年度版外交青書について」「ハイチにおける地震被害に対する緊急無償資金協力について」、福島大臣から「平成22年春の全国交通安全運動及び『交通事故死ゼロを目指す日』の実施について」、中井大臣から「平成22年春の交通安全運動の実施について」の発言がございました。その他、国会提出案件などが15件、政令・人事案件が決定をされました。

 閣僚懇談会におきまして、菅副総理(財務大臣)から「予算の執行調査について」、経済産業大臣から「IEF閣僚会合への出席について」のご発言がございました。また、私(官房長官)の方から「高速増殖原型炉『もんじゅ』の運転再開について」、発言を致しました。発言の趣旨としては、資源の少ない我が国において、「もんじゅ」の運転再開は、長期的なエネルギーの安定供給と地球温暖化対策を同時に達成していくためには有意義であると、我が国の原子力政策の推進にとって大きな一歩であります。福井県及び敦賀市をはじめとする地元の方々の思いを、政府全体として受け止めつつ、安全の確保と情報公開に万全を期して、早期に運転を再開し、所期の成果を挙げることを期待をする、この二点でございました。政府としては、安全の確保と国民の理解を得つつ、「もんじゅ」が無事に運転再開されることを期待致したいと思います。この件につきましては、福島大臣からご意見がございましたことは付記させていただきます。 

このページの先頭へ