平成22年5月24日(月)午前

動画版を見る

安全保障会議の開催について

 私(官房長官)の方からご報告がございます。韓国の哨戒艦沈没事案について、本日午前10時から李明博大統領が演説を行ない本事案に対する韓国の方針を表明をいたしました。これを受け、鳩山総理の主宰により本日午後3時より安保会議を招集することといたしました。安保会議では韓国政府の対応を含む情勢分析を行なうとともに、この韓国の方針表明を受けまして、我が国の対応を協議することといたします。大統領の演説に対する部分につきましては我が国の評価対応について、こういう質問が当然出ると思いますが、これにつきましては安保会議で評価についても議論をし、そのことを踏まえて、また別の機会、今日の会見で、もしご質問があればお答えをしたいと思っています。本日の安保会議の閣僚出席者についてでございますが、通常メンバーに加えて、今回の追加はメンバーは、法務大臣、金融担当大臣、消費者担当大臣を追加いたします。追加をする背景の理由としては、主宰する総理が指名する閣僚を入れるとこういうことでの部分で対応したいとこういうことでございます。

このページの先頭へ