平成22年6月21日(月)午前

動画版を見る

口蹄疫に係る患畜及び疑似患畜の殺処分及び埋却について

 今日は官房長官が皇太子殿下のお迎えにいらしているので、私(官房副長官)が代行で会見をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
 まず冒頭申し上げます。口蹄疫の問題でございますが、口蹄疫に係る患畜及び疑似患畜の殺処分及び埋却については、6月20日に全頭の処分を終えるべく計画的な処理を進めてきたところ、結果は全体の約7割を占める川南町で、お蔭様で全ての処分が終わりました。高鍋町、西都市では、残念ながら、なお牛約7400頭、豚約1300頭が残りました。あいにくの雨天の中で、現地の皆さんが最大限の努力をされた結果で、残念ながらやむを得ないというふうに考えております。今後も出来るだけ早く全ての処分を終えることができるよう、政府も含めて、県も含めて一丸となって努力をしていきたいというふうに思います。とにかく好天が続くことを願っております。また、先週金曜日の第7回口蹄疫(対策)本部において、総理から、更に次の段階として、ワクチン接種家畜の殺処分、埋却を早急に進めるよう指示があったところ、今後殺処分を行なう必要があるワクチン接種家畜は約46000頭、牛が23000頭、豚が23000頭となっています。出来るだけ早くこれらを処分するよう、各省の協力を得ながら埋却地の確保を進めるととに、処分に必要な獣医などの人員の計画的な確保について作業を進めているところでございます。現在のところ、埋却に必要な土地の確保については、県、公社などを中心に共同で確保するなどの取り組みにより、目途が立ったというふうに報告を受けております。また、処分に必要な人員についても、都道府県等の協力を得て、当面必要となる獣医の確保もできる見通しとなっております。現地の天候については引き続き厳しいものが見込まれておりますが、先程申し上げましたように、好天を願って、引き続き政府としては全力で対応していきたいというふうに思っております。

このページの先頭へ