平成22年6月2日(水)午後

動画版を見る

臨時閣議の概要について

 私(官房長官)の方から臨時閣議について申し上げます。本日1時30分から臨時閣議を開催をいたしましたので、その概要について申し上げます。鳩山総理から各閣僚に対し、これまでの支援と協力に対してお礼を述べられるとともに、新しい内閣が発足するまでの間の政権移行期にあっては、政権の空白を作ることのないよう、特に危機管理等については万全を期す必要がある。事務方とよく連携をとり、危機管理を始め、特に国民生活に直結するような政策課題について、引き続き的確に対応していただきたいということを改めて閣議の中で述べられました。その後、2時30分から副大臣会議を開催をいたし、3時30分から各府省の次官、官房長を招集し、私(官房長官)の方から同じような趣旨のことの発言をいたし、お願いを要請をしたところでございます。

野口聡一宇宙飛行士搭乗のソユーズ帰還について

 2つ目でございますが、野口聡一宇宙飛行士の搭乗したソユーズの帰還についてご報告を申し上げます。野口聡一宇宙飛行士が搭乗したソユーズが日本時間の午後0時25分無事帰還したとの報告を受け、大変喜ばしく思っております。これにより、日本人最長となる約5か月半に及ぶ国際宇宙ステーションの長期滞在が無事完了をいたしたところであります。また、滞在中につきましては、野口聡一宇宙飛行士の活躍により、我が国の実験棟「きぼう」にロボットアームのコアアームが取り付けられ、「きぼう」の基本的機能が確立されたと伺っております。今後とも日本人宇宙飛行士の活躍等により、国際宇宙ステーションの価値や可能性が最大限引き出せることを期待を致しているところでございます。

このページの先頭へ