平成22年7月26日(月)午前

動画版を見る

平成23年度予算概算要求組替え基準の原案について

 今日は私(官房長官)の方から、まずは平成23年度予算の概算要求組替え基準についての原案を、先程の予算編成に関する閣僚委員会で原案として決定をいたしましたので、そのことをまず報告をいたします。

 この平成23年度予算の概算要求組替え基準につきましては、さる20日に骨子を閣議で決定をしたところでございます。そして22日に、そこまで民主党の政策調査会でご議論をいただいておりまして、22日には民主党の政策調査会から提言をいただいております。これも皆さん方はご承知だろうと思います。そこでそれを踏まえて、私(官房長官)それから玄葉大臣、野田大臣の3大臣で、組替え基準の原案を取りまとめたところでございます。当然、先般の閣僚懇談会の議論も踏まえて、本日の予算編成閣僚委員会におきまして、原案を示してご議論をいただいて、了承をしてもらったということでございます。で、この中身、組替え基準の原案につきましては、新成長戦略の目標とする経済成長や国民生活の質の向上を実現するために、歳出の大枠71兆円の範囲内で、新たな政策効果の高い政策に重点配分をする「元気な日本復活特別枠」を設けるということであります。そしてこの特別枠、「元気な日本復活特別枠」の財源の確保のために、無駄遣いの根絶の徹底や不要不急な事務・事業の大胆な見直しを行なうことを基本的な考え方として取りまとめたということでございます。で、この特別枠、「元気な日本復活特別枠」は、マニフェストの実現、デフレ脱却を含めた経済成長の実現、国民生活の安定・安全、新しい公共の推進など、元気な日本を復活させるための施策に予算の重点配分を行なう仕組みでございます。で、この特別枠は、1兆円を相当程度超えるものというふうにしました。その枠内でできる限りこの特別枠の規模を大きくするためには、無駄遣いの根絶や総予算の組替えに政府を挙げて徹底的に取り組もうというふうに考えております。また、ここから皆さん方にもぜひ注目していただきたいのですが、特別枠の配分については、外部の意見等も踏まえて、政策の優先順位付けを行なう政策コンテストを、国民に開かれた形の公開手法で実施すると。その優先順位に基づくとともに、その公開手法で実施した優先順位に基づくとともに、各府省の平成22年度当初予算における削減努力、租税特別措置の抜本改革や規制改革への取組みなどを勘案して、最終的には総理大臣の判断によって、この予算の配分を決めると。そういう新たな公開の手続きによって行ないたいというふうに考えているところでございます。で、この特別枠を活用して、府省を超えて重点的、戦略的に予算を組み替えるための土台作りとして、人件費や事務的経費も含めて幅広い経費を対象に、90パーセントの割合でこの概算要求をしてほしいと。概算要求を90パーセントの割合、つまり今年度予算から10パーセント減額をすると。人件費や事務的経費も含む経費の10パーセントを削減したもので要求を絞り込んでいただきたいと。そしてさらに、この90パーセント要求に加えて、前年度当初予算、つまり現実には今年度当初予算との差額の10パーセントは、「要望」として行なえるようにするということであります。で、この仕組みは各省一律のものではありますけれども、予算編成過程においては、更なる無駄遣いの根絶や特別枠の活用などによって総予算を組み替えて、各府省のメリハリのついた予算とすると。その手法は、先程も申し上げたように、政策コンテストを行なって、その下で総理大臣の政治主導の下に配分を決めていくということでございます。で、今後の予定でございますが、明日の閣僚懇において、原案について閣僚間で意見交換を行なった上で、速やかに閣議決定をしたいとこういうふうに考えているところでございます。

このページの先頭へ