平成22年8月20日(金)午前

動画版を見る

閣議の概要について

 今日の閣議について申し上げます。一般案件といたしましては中国甘粛省における土石流被害等及びパキスタンにおける洪水被害に対する緊急無償資金協力について岡田大臣から発言がございました。菅総理から海外出張不在中の臨時代理について発言がございました。その他一般案件などが58件、政令・人事案件が決定をされたところでございます。

内閣官房の人事について

 本日の閣議で決定した内閣官房の人事について申し上げたいと存じます。小川洋内閣広報官が8月24日付けで退官をし、その後任に千代幹也内閣総務官を同日付けで任命いたします。なお、内閣総務官の後任には、8月23日付けで原勝則内閣総務官室内閣審議官を、またその後任には、河内隆内閣情報調査室内閣参事官を充てることといたしております。小川広報官は平成19年11月の就任以来2年10か月間にわたり、内閣における広報報道の責任者といたしまして、総理等の記者会見の対応にあたるとともに、鳩山内閣における記者会見のオープン化をはかる等内閣の広報報道の充実にご尽力をいただきました。後任の千代氏は平成15年7月から内閣総務官室の内閣審議官や内閣総務官として官邸に勤務し、内閣や内閣官房の事務について豊富な知識経験を有しておられることから、内閣広報官として適任であると考えているところでございます。

内閣府の人事について

 それからもう2点。一つは本日の閣議におきまして決定された内閣府の人事案件についてご報告をいたします。8月20日付けで内閣府国際平和協力本部事務局長髙田稔久が外務省に出向し、その後任に外務省大臣官房審議官羽田浩二を充てることといたしました。

菅総理の京都府訪問について

 それから、もう1点、総理が21日、明日でございますが、土曜日、京都府を訪問する予定でございます。若年者に対する就労支援の現場と大学を視察予定でございます。それぞれの場で新卒者、就労支援を行なう現場の職員等々、雇用情勢などについて意見交換を行なうということでございます。東京発が10時40分、京都が13時01分着、それから京都ジョブパーク、それから京都外国語大学キャリアサポートセンター、そういう予定でございます。京都を出発されるのが16時32分、東京には18時53分に帰ってまいります。

このページの先頭へ