平成22年9月6日(月)午前

動画版を見る

政府・連合定期協議について

 本日朝、午前9時から10時まで、政府と連合の実務者レベルの定期協議を開催いたしました。政府及び党からは、私(官房長官)と両官房副長官及び大島内閣府副大臣、平岡内閣府副大臣、細川厚生労働副大臣、それから寺田総理大臣補佐官、大串財務大臣政務官、細野幹事長代理が出席し、連合からは 南雲事務局長と4人の副事務局長が出席をいたしました。当面の経済雇用対策や23年度予算概算要求等について意見交換を行ないました。

アフガニスタンで誘拐された邦人の無事解放について

 アフガニスタンで、誘拐をされておりました邦人の無事解放について私(官房長官)から申し上げます。アフガンで誘拐をされておりました常岡浩介さん41歳、常岡浩介さんは、現地時間9月4日夕刻、無事解放されました。現在、同人は帰国の途にございます。日本大使館からの報告では本人は疲れているものの、健康であるとのことでございます。政府としては、まずは今回の解放を喜ぶとともに、解放に向けての粘り強い努力を行なっていただきましたアフガニスタン政府をはじめとする関係諸方面の方々に、心からの謝意を表したいと存じます。事件の詳細につきましては、誘拐事件という事案の性質に鑑み、類似事件の再発防止や関係当局の対応を阻害する恐れがございますので、お答えを差し控えたいと存じます。外務省は、アフガニスタン全土に退避勧告を発出しておりまして、同国への渡航は目的の如何を問わず、延期するよう強くお勧めをしてございます。国民の皆様方には、今後とも十分ご留意いただきたいと考えております。政府としては、海外で活動する日本人の安全を守るべく今後とも努力をいたします。今後とも努める所存でございます。

このページの先頭へ