平成22年9月7日(火)午前

動画版を見る

閣議の概要(新成長戦略実現会議の開催等)について

 まず閣議の概要について申し上げます。一般案件として「新成長戦略実現会議の開催について」決定を致しまして、この内容について菅総理からご発言がございました。その他一般案件など6件と政令・人事案件が決定されました。

 閣僚懇談会におきまして、荒井大臣から「年内に集中的に実施する自殺対策の取組について」、それから、最後に私(官房長官)から「『元気な日本復活特別枠』要望に係る公開手法の取組みについて」申し上げました。まず、私(官房長官)の新成長戦略についての発言を、これは閣僚懇での発言でありますが、これを読み上げます。本日の閣議におきまして、新成長戦略の実現を推進・加速するために、「新成長戦略実現会議」を開催することが閣議決定をされました。本会議は民間有識者の意見も聴取しつつ、官邸主導で新成長戦略に基づく具体的な取組み、つまり、新成長戦略の執行と言いましょうか、実行を各省に指示するということになろうかと思います。独自にプロジェクトチームを組んで行なう場合もあり得るというふうに考えております。会議は、総理を議長といたしまして、副議長には内閣官房長官、国家戦略担当大臣兼内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)及び経済産業大臣が就きます。この他、財務大臣その他内閣総理大臣が指名する閣僚、そして、日本銀行総裁及び有識者を構成員といたします。民間の有識者につきましては、伊藤元重東京大学大学院経済学研究科教授、岡村正商工会議所会頭、河野栄子DIC株式会社社外取締役、古賀伸明日本労働組合総連合会会長、小宮山宏三菱総合研究所理事長、桜井正光経済同友会代表幹事、清家篤慶応義塾大学塾長、宮本太郎北海道大学大学院法学研究科教授、米倉弘昌日本経済団体連合会会長、以上の方々に就任していただくこととなりました。初回会合は9月9日、木曜日に開催する予定でございます。

予算編成に関する閣僚委員会について

 それから、今日の閣議前に予算編成閣僚委員会を開いたわけでありますが、予算の編成、とりわけ「元気な日本復活特別枠」について公開手法を導入することといたしたわけでありますが、今日の閣僚懇談会において私(官房長官)の方から平成23年度予算編成にあたって、出来る限り国民に開かれた予算編成を実現していくために、この特別枠について公開手法を導入する旨を申し上げました。その後、各閣僚からご意見をいただき、先程申し上げました閣僚委員会にもご議論をいただいて、本日の具体的な進め方をお示ししたところでありますが、その中身を申し上げます。

 第一番目に、予算編成過程の「透明化・見える化」を進めて、国民の声を予算編成に反映させる試みとして、9月下旬を目途に特別枠要望についてパブリックコメントを実施する。あわせてパブリックコメントの結果等を参考としつつ、要望事項に関し、政策の優先順位付けを行なう場として10月を目途に「評価会議(仮称)」を設置することを申し上げました。以上のような取組みは従来の予算編成プロセスにはなかった新基軸であると考えております。国民に開かれた官邸主導・政治主導による予算編成を実現していくために政府一体となって、これは玄葉政調会長も加わっておりますので、政府与党一体となって取り組んで参りたいと思います。詳細については内閣官房副長官補室にお問い合わせを願いたいというふうに考えております。

自殺総合対策会議について

 もう一点、本日の閣議前に、菅内閣にとりましては初めての自殺総合対策会議を開催をいたしました。会議では、年内に集中的に自殺対策の取組を実施する。それを中心となって推進する主体として、同会議の下に自殺対策担当大臣、国家公安委員会委員長、厚生労働大臣を共同議長とする「自殺対策タスクフォース」を設置することを決定をいたしました。取組の具体的な内容につきましては、本日午後にタスクフォースを開催し、決定することとなっております。

このページの先頭へ

関連リンク